とある大学生の買い物かご

毎日ダラダラゆらゆらと過ごす大学生の買ったもの紹介+αなブログ。

【G703h】コスパ最強のワイヤレスマウス!

f:id:tat_roji:20210315102503j:plain
こんにちは!rojiです。


今回購入したものは,Logicool Gの「G703h」です。


ゲーミングデバイスメーカーとして有名なLogicool Gのワイヤレスマウスです。


普段は有線のマウスを使用していましたが,
コードが引っかかるなどして少し邪魔に思えてきたので,
無線に切り替えようと思い購入しました。


基本情報

f:id:tat_roji:20210315102446j:plain
先述した通り,このマウスはワイヤレスです。


大きさは,縦12.4cm,横6.8cm,高さ4.3cmです。


DPIは100~25600。


プログラム可能ボタンは,
・右クリック
・左クリック
・サイドボタン×2
・ホイールボタン
・DPI変更ボタン
の計6個です。


f:id:tat_roji:20210315102456j:plain
重さは95gですが,10gのおもりが付属しており,
105gに変更可能です。


最大連続動作時間は60時間。

RGBライトを使用しながらで最大35時間連続動作が可能です。

5分間の充電で最長2.8時間使用可能だそうです。


RGBライトは最大1680万色から専用ソフトでカスタマイズ可能です。


付属のmicroUSBケーブルで充電可能です。

また,別売りのワイヤレス充電システムによってワイヤレス充電をすることもできます。


感想

色々なワイヤレスマウスを検討したのですが,
当時7900円という価格から今回のマウスを選びました。


f:id:tat_roji:20210315102417j:plain
実際に届きました!

外箱はグレーベースのシックなデザインでした。


f:id:tat_roji:20210315102437j:plain
中には,マウス本体と説明書,ケーブル,レシーバー,安定のステッカーなどが入っていました。


実際に使用してみました。


初めてのワイヤレスマウスということもあり,
遅延等も気になっていましたが,
実際に使用してみると,遅延は全く感じられませんでした。


もう有線には戻れません。


f:id:tat_roji:20210315102427j:plain
やはりコードがなくなるだけで,机の上がすっきりしたような気がします。


ライティングなどの設定は専用ソフトの「G HUB」で変更可能です。


「G HUB」では,マウスのライティング設定の他,各種ボタンの設定やDPIの設定ができます。


f:id:tat_roji:20210315102414j:plain
ライティングの設定では,
ライティングの効果やカラーをマウスホイールとロゴそれぞれに設定が可能です。


f:id:tat_roji:20210315102510j:plain
サイドボタンなどへの割り当ては,
設定したキーをドラッグ&ドロップすることで各キーに設定できます。


f:id:tat_roji:20210315102452j:plain
DPI変更では,100~25600の中から4つ設定し,
DPI変更ボタンを押すことで切り替えられます。


また,各種設定は場面ごとで設定が可能で,
例えば,プレイするゲームごとにライティングやボタン設定,DPIを変更することが可能です。


個人的な感触ですが,マウスの大きさから,
「掴み持ち」より「かぶせ持ち」に適していると感じました。

普段小さめのマウスを使用している人からすると,
少し大きく感じるかもしれません。


サイドボタンは比較的大き目でとても押しやすい印象でした。


稼働時間も気になっていましたが,
僕の場合,就寝前に充電しておくことで,
稼働時間も気になることなく使い続けることができています。

ワイヤレス充電可能なマウスパッドを使用すると充電する手間もなくなるかもしれません。

最後に

最後にまとめると,

良い点

  • ワイヤレス
  • 1万円未満という価格
  • 10gの重さ変更
  • 押しやすいサイドボタン


気になった点

  • 充電が必要
  • かぶせ持ちのサイズ感


今回は,Logicool Gの「G703h」を紹介しました。


ワイヤレスのゲーミングマウスにしては比較的低めの価格帯のマウスだと感じました。


ワイヤレスのマウスを探している方はぜひ検討してみてください。



以上,Logicool Gの「G703h」の紹介でした。


少しでも購入を検討されている方の参考になれば幸いです。


それでは!


T